• 稲嶺 盛信

「 官足法の原理 」

更新日:2019年2月9日


昨年、官足法集中講座で教えて頂いたことば。

足もみの原点だと思います。


「病気を治すには先ず血液を治す」


「血液がきれいになれば病気は自然に治癒する」


「血液をきれいにするには循環に頼る」


「循環を良くするには足を揉む」


(「官足法の原理」和訳版)




はだしで歩くことが少なくなり、足裏への刺激が少なくなった現代人。

そもそも、歩かない生活環境。「第二の心臓」=「足」への刺激が不足する

と、「血液が循環しなくなり、血液が汚れ、病気になってしまう」


「官足法の原理」と逆のスパイラルがはじまってしまいます。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示